• ホーム
  • 当社について
  • コンサルティング
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • オフィス案内
  • セミナー情報
  1. トップ
  2. 経営コンサルティング
  3. 農業

業種別経営コンサルティング&税務・会計アドバイス

  • 法人はこちら
  • 個人はクリック

農業(法人)

農業(法人)の経理、税務、会計ポイント

  • あなたの農業経営には相談相手がいます
  • 農業特有の税務会計
  • リスクマネージメント
  • 税務調査のポイント
  • 提携先からの情報提供・ご紹介

この業種のお客様の声を見る

ミッドランド税理士法人 豊田オフィスからの経営・財務アドバイスページ先頭へ

ミッドランド税理士法人には、米作、酪農、養鶏、果樹作、花卉作、園芸サービス業など多くの農業経営をサポートした経験と実績があります。
毎月訪問し、利益計画・税務対策・資金計画等、農業経営に必要な助言、提案をさせていただいており、ポイントを絞った質問から実際の数値と比較、分析を行い、役員報酬の設定や生命保険の加入(退職金の準備・借入金対策)することで、個人所得とのバランスも含めた助言をさせていただきます。

資金計画に不安はありませんか?
会社を経営していく中で、資金を確保するのは非常に難しい事です。運転資金、設備資金などで融資が必要な場合、金融機関へ提出する事業計画書の作成をお手伝い致します。

農業特有の税務会計ページ先頭へ

農業の税務会計は特殊なものが多くあります。

・国や地方公共団体から受けた補助金等を使って固定資産を購入した場合、圧縮記帳という特殊な会計処理をすることにより、課税を繰り延べる(その年の税金を少なくする)事が出来ます。

・酪農業の方が肉用牛を売却した場合、そこで得た利益を経費処理する制度(肉用牛売却所得の課税特例措置)があります。乳牛の育成費用の計算は複雑ですが、弊社にはノウハウがあります。

・農事組合法人の場合、事業税の農業に係る部分が非課税(一定の要件を満たす場合)となる事業税非課税 所得計算があります。

・役員報酬を支給しない場合で、組合員に従事分量配当をした場合、その配当金を損金経理する方法があります。

上記のような税制特例も今までの経験の中からお客様へ助言させていただきます。

リスクマネージメントページ先頭へ

リスクマネージメントは万全ですか?
農業経営をするにあたり、様々なリスクが潜んでいます。今まで気づいていなかったリスクも必ずあるはずです。
当社は今まで蓄積してきたノウハウや様々視点からリスクマネージメントを行い、安心して農業経営ができる環境をご提案いたします。

税務調査のポイントページ先頭へ

経営者として税務調査はとても気になるところです。
ミッドランド税理士法人は長年の経験から税務調査に対する情報や対策を蓄積しています。
税務調査で指摘されることや、日々の記帳で気をつけなければいけない事を助言させていただき、経営者の方に安心していただけるように努めております。

提携先からの情報提供・ご紹介ページ先頭へ

ミッドランド税理士法人は税務・会計以外の問題や悩み事も提携している数多くの企業からの情報提供やご紹介で解決する方法をお手伝い致します。
なにかお困りの事があれば何でもご相談下さい。あらゆるジャンルでも必ずお客様の力になる事ができます。

この業種のお客様の声を見る

経営に役立つセミナー毎月開催中!

  • 名古屋市・豊田市で税理士をお探しの方は、ミッドランド税理士法人へお気軽にご連絡下さい!
  • フリーダイヤル:0120-361-835お問合せは今すぐクリック!
  • ミッドランド税理士法人豊田オフィス 〒471-0037 愛知県豊田市三軒町7丁目63番地5
  • 初回相談&決算書診断
  • ミッドランド税理士法人について

農業(個人)

農業(個人)の経理、税務、会計ポイントページ先頭へ

  • 農業の法人化をお考えの方
  • 農業生産法人を設立する
  • 農業法人の設立までの流れ
  • 農業経営の法人化のメリット
  • 集落営農組織の立ち上げも視野に

この業種のお客様の声を見る

農業の法人化をお考えの方ページ先頭へ

最近何かと話題の多い農業法人。
平成12年の農業法人の数は6,000件弱でした、約10年以上たった平成23年のデータをみてみると、なんと法人数は12,000超と約2倍に増えています。
農業法人を設立したいとお考えの事業主の方には、農業法人とは、何かを理解する必要があります。農業法人とは、「法人組織」によって農業を行う法人の総称です。
この農業法人には、「会社法人」と「農事組合法人」の2つのタイプがあります。
「会社法人」・・・商法に基づく法人
「農事組合法人」・・・農業協同組合法に基づく法人
また、農業法人は、農地の権利取得が可能な「農業生産法人」と農地の権利取得をしない「一般農業法人」に分かれます。
農業生産法人の形態は、株式会社、農事組合法人(農業経営を営む、2号法人)、合名会社、合資会社の4形態があり、事業実態、法人の構成員や役員についても一定の要件があります。

農業法人の形態:図

農業生産法人を設立するページ先頭へ

農業法人は「会社法人」と「農事組合法人」で分かれます。
法人を設立する時にどちらの形態で設立するかを検討します。それぞれの特色、メリット、デメリットを説明させていただき、将来的にどのような農業経営を目指すのかなど、長期的な視点と計画も含めた形でアドバイスさせていただきます。
また設立時点で必要な資金調達のための経営計画書の作成や、今まで培われてきた多くのノウハウと実績で皆様のサポートをしっかりとさせていただきます。

農業法人の設立までの流れページ先頭へ

農業法人の設立までの流れ

農業経営の法人化のメリットページ先頭へ

1.法人化する事で、後継者への経営の円滑な継承が速やかに可能です
2.法人化する事で、対外信用力の向上が得られ、資金調達能力が増し、経営管理された事業展開が期待できます。
3.企業主などの雇用者と労働者の関係が明確になり、社会保険や労災保険などの適用による農業従事者の福利厚生の充実が図られます。
4.新規の農業労働従事者の確保が労働者として確保しやすく成ります。また、新規の農業労働従事者や、地域雇用の受け皿を担う地域社会の活性化に果たす役割も期待されています。

集落営農組織の立ち上げも視野にページ先頭へ

また法人組織を設立するだけでなく、水田、畑作をされている方は、経営を安定させるために集落営農組織を立ち上げることも視野にいれることができます。
ミッドランド税理士法人では、農業法人の設立までのプロセスやメリット、そして、デメリットを、専門スタッフが経営者の視点でお客様に分かりやすくご説明し、お客様がビジネスとして冷静に判断いただけるようにサポート致します。
お気軽にご相談下さい。

この業種のお客様の声を見る

経営に役立つセミナー毎月開催中!

  • 名古屋市・豊田市で税理士をお探しの方は、ミッドランド税理士法人へお気軽にご連絡下さい!
  • フリーダイヤル:0120-361-835お問合せは今すぐクリック!
  • ミッドランド税理士法人豊田オフィス 〒471-0037 愛知県豊田市三軒町7丁目63番地5
  • 初回相談&決算書診断
  • ミッドランド税理士法人について